2017-07-03

ジオ・ポンティの『ミニチュアタイル』

イタリアのモダニズムを代表する建築家、ジオポンティが、
60年代の初頭、南イタリア、ソレントのホテル「パルコ・ディプリンチビ」
の建築からインテリア、家具までを手がけました。





なかでも夢中になったのが、約30種類にも及ぶ
ジオメトリックパターンのタイルのデザインでした。

シンプルなそれぞれのパターンが、組み合わせによって
表情を変えていく驚きの中に、ポンティの才能と
遊び心がほとばしります。







このホテルで使用されていたタイルを、2011年に
LIXILが復刻。
そして1/16サイズで精巧に再現し、裏面に
マグネットシートが付いたマグネットタイルになりました。

















ジオポンティ
ミニチュアマグネットタイル
価格:¥550+税

関連記事