CONCEPT「Y」(コンセプト「Y」)/日本

コンセプト「Y」は兵井 伊佐男氏が強度近視の友人Y氏のために、レンズが薄く、見栄えが良いメガネを作製したことが始まりました。コンセプト「Y」のフレームは、 頭部に回り込むように幅が広く、レンズをフレームとを独立させることによって、レンズの中心を目の中心に配置させることに成功しています。また、レンズは 小さいですが、フレーム上部のラインにより、小さいことを感じさせません。コンセプト「Y」は、(当然のことながら)強度近視の人のための理想のメガネフ レームとなりました。

Y-CONCEPT(Y-コンセプト)/日本

コンセプト「Y」を21世紀のスタンダードにする”という兵井氏の夢を実現するためには、1本1本を手作りで製作するこれまでのデザインでは限界がありました。汎用性を高めるためレンズシェイプやレンズの大きさを見直し、強度を高めるための設計を施し、素材をステンレスからベータチタンへと改良しました。工場で 生産できるデザインにすることで生産性も高め、誕生したのが”Y-CONCEPT”です。2013年イタリアの世界最大級のメガネの展示会“MIDO”に て世界に向けてデビューを果たしました。